受付業務に必要な機能

レセコンに備わっている受付業務に必要な機能について調べてみました。

受付業務の効率化を図れる機能

レセコンに搭載されている受付管理に役立つ主な機能は患者管理、予約管理、日計表、会計の4つ。それぞれの特徴についてみていきましょう。

患者管理

医療保険と介護保険を一元的に管理する機能です。保険証を専用のスキャナーで読み取り、患者さんのお名前や生年月日、保険者番号などの必要な情報を簡単に登録できます。また、患者ごとに訪問先を設定すれば、カルテに自動で登録可能。

この機能により、保険証を見ながら入力を行なってきた登録業務を効率化できるのが魅力です。患者を待たせる時間を削減でき、受付業務以外の時間に活用できます。

予約管理

レセコンに搭載されている機能は、電子アポ帳・24時間ネット予約・事前確認メール・キャンセル・リコール管理などがあります。使用する機種によっては、業務効率化を図るためにさまざまな機能が備わっており、患者さんごとに予約時の連絡事項や注意事項のメモできる機能も搭載。

また、予約日が近づくとアラームで知らせてくれる機能も備わっており、歯科医院の悩みの種である「予約キャンセル」を防止することが可能です。

日計表

保険者別・保険無し・自費・介護・物品などの1日ごとの売上を確認できる機能です。1日の収支や保険種別の診療人数、初再診の人数内訳を出力できます。そのほか、ドクター別に集計することも可能。

日計表は手書きで行なえますが、収入金額の書き間違いや記入漏れをしてしまうと、確認作業に時間がかかります。レセコンに搭載されている日計表では、会計のデータを読み込んで作成するため、書き間違いや記入漏れがありません。また、自分がチェックしたいときにいつでも閲覧できます。

会計の機能

通常会計や未過収金管理、物品販売が行なえる機能です。領収書や処方箋の印刷も簡単に行なうことができます。また、患者さんの会計時の不安を解消できる機能も搭載。診察途中でもカルテのデータから自己負担額を算出できます。患者さんが納得したうえで、検査や投薬等の治療方針を決められるのも魅力です。