開業資金はどれぐらい?

開業するときにまず知りたい情報は「開業資金」ではないでしょうか。開業資金は「設備投資資金」と「運転資金」の2つに分られます。このページでは、この設備投資資金と運転資金それぞれで準備しておいた方が良い金額を記載していますので、ぜひ参考にしてください。

設備投資資金

開業資金の1つ「設備投資」とは、医院を開業するために必要な開業場所を借りるための費用や、医療機器といった設備にかかる費用のことです。テナントを借りてチェアユニット3台を購入した場合にかかる設備投資額の目安は以下の通りです。

開業場所を借りるための費用
(敷金、礼金、補償金、仲介手数料)
約500万円
内装や外装の費用 約1,500万円
医療機器にかかる費用(チェアユニット3台) 約1,200万円
集客するための広告費、材料費、事務機器など 約300万円
合 計 約3,500万円

表のように約3,500万円は最低でもかかるのが分かります。ただし、内装や外装にこだわると工事費用はかかりますし、最新の医療器具を導入するとなると設備投資資金はさらに必要になるので、目安金額以上に資金を用意しなくてはなりません。

また、設備資金として忘れ去られがちなのが「広告費」。なかでもホームページは、患者さんは来院前に1度は見ているもの。ホームページに掲載されている写真やサービスなどを見て利用を検討してる人も多いので、広告費用は開業を成功させるためのカギだと言っても過言ではありません。ぜひ、広告費用も忘れずに計算しておきましょう。

運転資金

「運転資金」とは、開業後の経営が軌道にのるまで必要になる資金です。歯科医院を開業してすぐに患者さんが利用してくれれば必要ありませんが、現実的に考えると知名度がある先生でない限り難しいでしょう。

保険診療の収入の場合、診療した2ヵ月後に国から診療費が支払われる流れ。開業から2ヵ月間の収入源は「保険診療の窓口収入」と患者さんが全額負担して受ける「自費診療」しかないことを考えると、期待以上の収入はないことが分かります。

そのため、開業から最低2ヵ月間は預金を切りくずしながら、なんとか運営していくしかありません。その期間に役に立つのが運転資金。開業場所を借りるための費用約1,000万円(500万×2ヵ月分)を目安に準備しておくのが無難です。開業して家賃が払えなくなり、立ち退きしなければならないというのを避けるためにも、と運転資金の確保をしっかりとしておくようにしましょう。

<あわせて読みたい記事>