TOP歯科用レセコン比較 » 歯科を開業したいなら最低限知っておくべき基礎知識

歯科を開業したいなら最低限知っておくべき基礎知識

開業前に知っておきたい基礎知識

歯科医院を開業したい人には抑えておいた方が良いポイントをまとめてみました。これから開業しようと考えている勤務医の方はぜひチェックしておいてください。

歯科医院の現状を把握しておこう

歯科医院は現在、コンビニの数を大きく上回るほどあるとされています。ここでは歯科医院や歯科医師の数を具体的に紹介。あわせて、歯科医院や医師の数の多さによって起きてしまう可能性がある問題についても調べてみました。現状を把握したうえで、これからの歯科界はどうなっていくのかを見ていきましょう。

歯科医院の現状について詳しく見る>>

開業資金はどれぐらい?

開業するときにまず知りたいのが「開業資金がどのくらいかかるのか」ということではないでしょうか?このページでは、開業資金を「設備投資資金」と「運転資金」の2つに分けて具体的にどのくらいの費用がかかるのかをまとめてみました。最低限でも準備しておいた方が良い金額も提示しているので、これから歯科医院を開業する人、あるいは開業を視野に入れている人はご一読ください。

開業資金について詳しく見る>>

開業資金融資の方法

開業する場所(敷金、礼金、補助金など)、内装や外装の工事費用、医療機器を購入する費用など開業するとなると約3,500万円ものお金が必要とされています。しかし、実際のところ全額を自分で負担するのは難しいという方が多数。ここでは、歯科院を開業するための開業資金融資についてまとめて紹介していますので、開業に向けて融資について知りたい人はチェックしておきましょう。

開業資金投資について詳しく見る>>

開業後の年収

勤務医から開業医に変えようとしたときに気になる「年収の変化」。このページでは、勤務医と開業医の年収にどのくらいの差があるのかを紹介しています。また、年収を安定させるために気を付けておいた方が良いポイントもまとめました。

開業したいけど年収面の不安が大きくて、なかなか一歩を踏み出せない方はぜひ参考にしてください。

開業後の年収について詳しく見る>>

歯科医院の経営にかかるリスクとは?

歯科医院を開業するに当たって知っておきたいのが、リスクのこと。どんな事業をするにしても開業にはリスクが伴うものですが、歯科医院には業界ならではの事情があるようです。

中には思い切って開業したものの経営が上手くいかず、危機的な状況に陥ってしまう歯科医院も少なくありません。歯科医院の経営にかかるリスクにはどのようなものがあるのか、開業を検討している人は予め知っておきましょう。

歯科医院の経営にかかるリスクについて詳しく見る>>