業務効率化をはかりたい

歯科業務は患者の治療だけでも大変ですが、経営面もやることが多いので大変ですよね。業務を正確かつ効率的にすすめるためには業務効率化に長けたレセコンがおすすめ。ここではその便利な機能について紹介します。

電子レセプト業務の効率化

毎月毎月やってくるレセプト請求業務にうんざりしている方も多いのではないでしょうか。カルテ内容の確認やCD作成、返戻の訂正など、やらなければならない処理がたくさんありますよね。

レセコンの中には毎月の請求業務処理を今までよりも手軽に行えるものがあります。1つひとつの作業をバラバラに行うのではなく、やるべき作業がひとまとまりになっていることで、順番に処理できるのです。スムーズに進められるほか、作業の漏れも防げます

記載ミスや記入漏れ、治療名などのミスによって起こる返戻は特に時間がかかってしまいがちですが、レセコンはそのミスを防ぐ対策をしてくれるのはもちろん、万が一ミスが発生した場合にもすばやく処理できる機能が搭載されていますよ。

経営分析機能で効率化

レセコンの中には経営分析機能が付いているものがあります。患者数や新患者の動向、患者の平均滞在時間やスタッフ別の売り上げ算出など、あらゆる面から分析して今後の経営に役立てることも可能

今まで作業にかかっていた時間が短縮されるほか、正確な評価が楽に行えるようになるのです。これはレセコンだからできることだと言えるでしょう。

患者へ提供文書の作成

歯や歯茎の状態、手入れ法などが細かく記載された提供文書は患者にとって必要なもの。その反面、患者さん一人ひとりの理解を深めるための提供文書作りには時間がかかってしまうのが現状です。患者さんを待たせる時間が長くなったり、診療時間を延長したりと、医師やスタッフなど医院全体の負担になっています。レセコンなら定型文が備わっていたり、患者名を自動反映させたりする機能があるため、今までより時間をかけずに提供文を作成することができますよ。なかなか業務効率化できていないという方は、レセコンを導入してみるのはいかがでしょうか。

<あわせて読みたい記事>