電子カルテシステムWith

患者のプロファイルを作成すると、その患者の歯科治療で注意すべき点をアラートで表示してくれる電子カルテシステムWith。また、電子カルテに情報を入力する際、順番通りに自動で画面が切り替わるため楽にデータを入力することができます。ここのページでは、電子カルテシステムWithの特徴について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

電子カルテシステムWithの特徴

患者とのやり取りをサポートするレセコン

電子カルテシステムWithではタブレットに入力した問診内容をデータ化して、患者1人ひとりのプロファイルを作成できます。その情報をもとに、歯科治療時の注意点を表示。

入力時間を短くしてカルテ作成時間を短縮

電子カルテに情報を簡単に入力できるため、カルテ作成の時間を短縮することを実現。算定する診療内容の流れに沿って画面が自動で展開されるので、手動で画面を切り替えずすぐに入力できます。すでに症状をいくつか登録しているマスタを利用すると、項目を選択するだけで症状を記載することも可能。また、項目を増やせるため自分の使いやすいように設定できます。

薬剤の情報管理機能を搭載

電子カルテシステムWithは、患者に対して処方した薬剤の情報管理を徹底しています。薬を処方する際に入力すると、患者の全身疾患の既往歴・感染症情報をもとに禁忌薬剤としてアラートが表示されるのです。そのため、処方する薬を間違える心配はありません。処方する薬剤を入力する際、半角カタカナを3文字入力すると、該当候補を表示する薬剤選択支援システムも搭載しているので、ここでも入力の手間を省くことができます。

受付・会計業務を効率化することが可能

電話対応で患者を待たせない電話応対支援システムを搭載している電子カルテシステムWith。電話着信と同時に患者情報が自動にポップアップされます。画面には、最終診療日や予約状況、患者に関するメモが表示されるため、すぐに空いている枠探してスピーディーに予約可能。そのため、患者を待たせずに気持ち良い応対ができます。

カルテに記載した情報をもとに請求書を作成

電子カルテシステムWithは、介護保険適用者の請求書を作成するのを短縮するために、電子カルテシステムと介護保険請求システムが連動しています。患者情報をもとに介護請求の自己負担額や介護保険請求書を自動作成。介護だけではなく、医療保険の請求書や訪問患者請求書なども作成することができます。

電子カルテシステムWithの使い方

電子カルテシステムWithは、豊富な機能と使いやすさが魅力です。

操作方法

操作方法は非常に簡単であり、それでいて充実した機能が魅力です。カルテの作成に関しても、従来の紙のカルテを作成していたのと同じような感覚で行うことができますし、チェックシステムも搭載されているので、ミスにもいち早く気づきやすくなるでしょう。

画面の見方

診療ではたくさんの情報を入力しなければならないものの、直感的に捜査をすることができるシンプルな作りが魅力です。例えば、アイコンでは特殊な対応をしなければならない患者さんの情報なども一覧で見ることができるので、スタッフ全員で情報を共有するのにも役立ちます。

口腔内リアルタイム表示アイコンというものも用意されていて、こちらはカルテを入力確定することによってリアルタイムでアイコンが変化するというシステム。過去の治療履歴について簡単に確認することができるほか、補管算定日や義歯新製日といったものも自動で表示されるので、確認や入力の手間を最低限に抑えました。

特定処置歴も用意されています。こちらは、初・再診料や医学管理等、検査、画像診断などの算定月日が確認できるもののことで、項目ごとに詳細を確認することができます。

院内の情報についても共有できる画面になっているので、スタッフ全体で必要な情報を共有しましょう。メールも利用できるのですが、この機能がスタッフ1人にあてて送信することも可能ですし、全スタッフにあてて送ることもできるので、必要な場面で役立ててみてくださいね。

電子カルテシステムWithの口コミ・評判

口コミはありませんでした。

電子カルテシステムWithに備わっている機能

  • 受付
    電話対応にもたついてしまうと受付が滞ってしまいますが、電話が着信すると同時に患者の情報が自動的にポップアップされるシステムを搭載しています。このポップアップの中では最終診療日・予約状況・患者に関するメモなどが一覧で確認できるので、カルテ内容とあわせてスピード対応をしましょう。
  • 問診
    問診表は、紙の問診票の内容を手入力のほか、スキャナで取り込むことが可能。問診タブレットの問診内容の取り込みにも対応しています。
  • 医療面接
    特許を取得している歯科問診・医療面接支援システムを搭載。事前に取り込んだ問診票内容や服薬情報の情報をもとにし、有病者へは歯科治療時の注意点といったアラート表示することが可能です。
  • インフォームド・コンセント
    豊富な機能を搭載し、インフォームド・コンセントをサポートしてくれます。
  • 診療
    わかりやすい画面表示となっていますが、必要な情報はすべてそろっています。カルテは記入順番通りに入力をすることができるため、初めて利用する方でも戸惑うことなく操作できるでしょう。手書きよりもスムーズであり、それでいて正確ということでとても役立ちます。
  • 会計
    会計に関する機能もしっかり備わっています。スムーズなコミュニケーションを実現するための機能を搭載しているほか、会計業務では業務効率向上および万全の現金管理を実現できるように提案をしてくれているので、安心して業務ができるでしょう。
  • レセプト
    電子レセプトにも対応したチェック機能が搭載されています。レセプトエラーチェックなどもあるので、役立ててみてくださいね。ここでは厚労省の記録条件に合致しないレセプトエラーがないかを確認することができます。これにより、日々のレセプト点検業務を大幅に省略化することができるでしょう。

電子カルテシステムWithのサポートサービス

サポートサービスもしっかりしているので、安心して導入できるでしょう。例えば、導入時のサポートとしては、基本操作、院内運用改善、オンラインメンテナンスといった3段階のサポートが用意されています。

もちろん、導入後のサポートもしっかりしていて、万が一なにかトラブルが起きた時にもすぐに対応が可能です。デスクトップ画面から専用アイコンをダブルクリックすることにより問い合わせもできるほか、電話でも相談可能なので役立ててみてくださいね。

電子カルテシステムWithの利用料金

要問合せ

おすすめの格安歯科レセコンを徹底比較!

導入実績

要問合せ

対応しているOS

要問合せ

メディア株式会社の情報とその他の関連システム

電子カルテシステムWithを運営しているメディア株式会社は、歯科医療に特化した事業を運営しています。医療をよりスムーズに、また正確な医療情報を提供することで、歯科医療現場と患者さんの不安をなくし病院と人をつなぐことができる様々なサービスを提供。歯科医師にとっても働きやすい現場を作るサポートをするシステムが充実しており、システム面だけでなく歯科医院での業務を円滑化させるセミナーやメディアでの情報提供も行っています。

withエポック

電子カルテシステムWithのクラウド版とも言えるWithエポックは、電子カルテシステムWithの機能性をそのままに、外出先でも使用できるようにしたものです。このWithエポックを利用すれば、病院内でのカルテ入力はもちろん、訪問先でもその場でカルテ入力ができるので、様々な診療スタイルに柔軟に対応することができます。

クラウドと聞いて、セキュリティ面を不安に感じる方もいるかもしれませんが、WithエポックはISMS認証認証を歯科医療界で一番初めに取得した安心の製品です。

データセンターで厳重に情報を管理するので、データの流出や改ざんといったリスクを徹底回避することができます。また、PCが故障してしまっても別のPCでデータを取り出すことができるのはクラウドならではのメリットです。

訪問歯科を数多く抱えているのであれば、訪問歯科ナビWithYouと連携させればタブレット一台で訪問診療に必要なデータを管理することができるので、業務効率は格段にアップします。

プログラムアルファ

患者さんの来院を的確にサポートし、また受付での予約業務での混乱を避け業務効率を上げることができる歯科予約・予定管理システムがプログラムアルファです。

患者さんは電話番号を登録すれば予約したスケジュールをSMSで自動で受け取ることができ、予約をついうっかり忘れてしまうということもありません。また無断でのキャンセルを防ぐことができるので、病院側もスケジュール管理が容易になり、スタッフの負担を軽減することも可能です。

見やすさを徹底したシステムデザインは使いやすさ抜群ですが、機能性も十分で、必要な情報を瞬時に見分けたり検索できるようになっています。患者さんの予約スケジュールだけでなく、スタッフの予定の管理・共有も可能です。

キャンセルの多い患者さん、時間別の来院数、ドクター別のキャンセル数など病院経営を行う上で必要な情報の分析自動的に行うシステムもついているので、より良い病院経営に一役買う優れものです。

ビジュアルマックス

ビジュアルマックスはインフォームドコンセプトを包括的にサポートするシステムです。スタッフも使いやすく、患者さんの治療への理解を深め、治療へモチベーションをアップさせることができる画期的な製品となっています。

口腔内写真やCTをはじめとした写真だけではなく、CCDカメラや位相差顕微鏡の動画も取り込むことができます。また、そのデータに直接書き込みながら現在の状態や治療状況説明することができるので、歯科知識がない患者さんでもスムーズに状況を把握することを可能としています。

オプションの音声入力システムを導入すれば、歯科衛生士だけで歯周検査を行うこともできる上、業務記録・管理はもちろん、患者さんへの情報提供、また紹介状の作成に必要な様々な文章も簡単に作成できるます。その為、人員と労働時間の有効活用が実現でき、患者さんを待たせてしまう時間の削減にも繋がります。

電子カルテシステムWithと連携すればカルテ上に説明記録を残すこともできるので、より正確に患者情報を記録することができます。

メディア株式会社の歯科システムは業界でも随一の充実度

総評のまとめ

歯科医療用システムだけでも8つのシステム(2018年11月現在)を運営しているメディア株式会社。歯科医院を運営に欠かせないシステムが全てメディア株式会社の製品で補えるので、システムの一括管理を可能にしてくれます。徐々にシステム化を図りたいという医院はもちろん、まだこういった歯科医療システムを導入しておらず今から完全システム化を図りたいと考えている医院にもおすすめです。

運営会社情報

会社名 メディア株式会社
設立年 1982年
住所 東京都文京区本郷3-26-6 NREG本郷三丁目ビル8F