Win SmileⅣ

smile4公式TOP画像
引用元:株式会社リード公式HP(http://www.readlead.co.jp/)

株式会社リードが提供するレセコンsmileⅣ。その特徴についてまとめました。スペックに定評のあるSmileシリーズを更に向上させた、待望の高性能サポーターについて紹介します。

smileⅣの特徴

保険請求の正確さを支える機能が充実

smileⅣには正確な保険請求をサポートするための機能が備わっています。

正しい保険請求には厚生労働省の規則に準ずることが大事です。smileⅣは変化の激しい医療業界において、現場の不安要素を取り除くためのサポートをしてくれます。

治療の「見える化」で治療をサポート

歯科医療は複数の歯を同時進行で治療するので、履歴が複雑になってしまいがちです。そのような状態でも歯1本1本の治療経過が探れるよう「見える化」を実現。

次の治療を控えている際にも、歯の状態を図解してくれるので瞬時に把握できます。日々多くの患者さんを診察・治療しているドクターを円滑にサポートしてくれます。

「アポ帳起点」でスムーズな治療を手助け

患者さんのパーソナルなデータなどをすべてアポ帳起点で確認できます。受付で入力した情報はリアルタイムで医師に共有されるので、業務の進行状況にも影響を及ぼしません。

院内での情報のやり取りが必須な歯科医師業界において、チーム医療を大事にしているクリニックの助けになるツールといえるでしょう。

オプションも充実

治療に関する機能以外にもさまざまなオプションがつけられるsmileⅣ。特に訪問診療に関するオプションが充実しています。

訪問する予定の患者さんのデータを事前に抽出し、外出先でもスムーズに入力可能。

訪問診療の入力を行いながらも同時に介護保険の入力を行ってくれます。

電子介護保険請求にも対応済み

2018年4月の改正で原則義務化となった「電子介護保険請求」にも既に対応済みです。訪問診療の入力を行う流れと同時に、介護保険の入力も可能なので、入力画像がスムーズになります。

患者さんの管理に役立つ保険証リーダー

保険証を読み取るための保険証リーダーもオプションとして付けられます。

専用のスキャナーで保険証を読み取ると、内容がワンクリックで確認可能。新たに治療することになった患者さんの確認や月初めに訪れる患者さんの保険証確認もスムーズにできるようになります。

読み取ったデータは画像で残るので、時間が経ってからの確認にも重宝することでしょう。

CTIでクリニックのイメージアップ

電話連絡があった患者さんを素早く特定するための機能をCTIといいます。画面表示されるのでどの患者さんから着信があったか一目瞭然です。

患者さんがいつクリニックを訪れたか、次の予約はいつなのかといった情報が瞬時に把握できるので、どの患者さんだったのかを調べる時間が格段に減少します。治療について確認をしたい患者さんを待たせることもないため、クリニックのイメージアップにもつながるでしょう。

smileⅣの使い方

治療時だけでなく、受付から会計までさまざまなシーンでのサポートに役立つsmileⅣは、事務作業の効率化、短縮化につながることも期待できるツールです。

レセプトはもちろん、カルテをはじめとしたあらゆる作成ができるsmileⅣの詳しい使い方についてまとめました。

操作方法・画面の見方

smileⅣに搭載されている機能は同時進行している治療プランの一覧画面把握、カルテ記載、履歴確認機能、エラーチェックと多岐にわたります。

プランの一覧画面は治療ごとの経過が一目でわかるしくみになっています。前回の治療からどれくらいの時間が経っているか、次の処置は何をするのかといった計画がスムーズに行えます。

カルテは厚生労働省が定める要件に則ったカルテの作成が可能。記載ルールにのっとっているので、どのように書いていけばよいのかを把握しながら記載でき、入力漏れが防げます。

エラーチェックは厚労省の算定要件と照合や、県ごとのエラーとの照合などができます。チェックできるレベルは入力しているとき、した後、月末の3段階。複数のチェックを挟むことによって、より詳しく正確な治療・修正内容が把握できます。

smileⅣの口コミ・評判

  • 操作出来るようになるまで丁寧に教えてくれました
    元々パソコンが苦手でしたが、一人でも操作ができるようになるまでゆっくり分かりやすく教えてもらえました。入力しているときに困ったことがあったらすぐに教えてもらえますし、入力の仕方以外でもレセプト全般の知識に詳しいので頼りにしています。
  • 返戻が減りました
    エラーチェックのおかげで、返戻が少なくなったように思います。担当さんが保険に詳しい方だったのでこちらの話についての理解も早いと感じました。操作が簡単で機器初心者にも分かりやすいです。
  • 改装時にもしっかり対応していただきました
    院内改装に伴うパソコン増設、CTとの連携にも対応してもらいました。それにレセコンに搭載されたDB機能を活用し、すべての患者さまへのご案内もスムーズに行う事ができました。
  • 保険診療中心の先生方に教えたいと思いました
    勤務先で使用した際に、サポート体制がとても良い事は感じていました。そして今は自分自身が開業し、導入してみて改めてsmileⅣの良さを実感しているところです。保険診療中心の先生方には重宝するのではないかと思うので、悩んでいる方がいたら教えてあげたいなと思いました。
  • 時間短縮と効率化につながっています
    レセコンの入力は診療と診療の合間に行うため時間をかけたくないものですが、smileⅣはカスタマイズ性が高く、毎日行う業務の時間短縮と効率化につながっています。歯周治療の患者さんや義歯の患者さんなども前回からの経過日数をしっかり記録、表示してくれるので助かっています。

smileⅣに備わっている機能

主にドクターが使う機能

  • プラン一覧画面
    複数進行する治療毎の経過状況、前回処置からの日数や次の処置といった治療計画の全体像を一目で把握。
  • カルテ記載
    厚労省の定める算定要件に準拠したカルテの作成が可能。診療記録を書かなければならない部分に算定要件を反映させ、入力漏れを防ぐことで間違いのないカルテを記載できます。
  • 履歴機能
    履歴機能は常時表示されており、歯は1歯単位で確認可能。口腔内の状態を時系列で把握できます。計算履歴やどの投薬を行ったかといった多くの情報もすぐに確認できる機能です。
  • エラーチェック
    算定要件とのずれがないかの確認や、各都道府県ごとの最新の返戻状況を盛り込んだうえでのエラー機能となっています。入力しているとき、その後、月末と3段階でエラーチェックが可能。入力ミスや請求ミスによる返戻を防ぎます。
  • 情報提供文書
    医学管理を計算や薬剤情報を提供する文書はもちろん介護や周術期などに利用できるフォーマットを多数収録しています。患者さんごとの口腔の状態に合わせた文書の反映と意識づけ、理解度の向上がのぞめます。
  • 経営分析
    クリニックを経営するのに欠かせない分析機能です。患者別、担当者別、エリア別とさまざまな角度からクリニックの経営状況が把握できます。

主に受付で使う機能

  • 予約管理
    手書きのように直観的な触れ方で使用できる予約機能が搭載されています。受付から処置の入力、会計といった日常業務の進行状況をリアルタイムで確認できます。患者さんごとのキャンセル傾向も追えるので、無断キャンセル防止にも効果が期待できます。
  • 患者登録
    カルテをイメージして作られた画面デザインは、保険別に色を変化することで保険変更によるミスが抑えられるようになっています。患者さんのデータベース機能とも連動し、来院した動機や伝言メモ機能を搭載。クリニック内での情報共有体制を強化します。
  • 会計
    領収書や明細書など、会計に関わる印刷物が出力できます。治療の際だけでなく、クリニックで販売する商品管理もスムーズです。

主に衛生士、チェアサイドでタブレットを使用する機能

  • P検査
    クリニック内のすべての場所で情報入力や閲覧などができるようになることで、患者さん目線での説明や結果のプリントアウトなど活用の幅が広がっていきます。
  • 予約
    患者さんが治療を希望する予約時間の検索ができる、PC版のレセコンとは違った入力スタイルで予約ができる機能です。カレンダータイプなので、予約できる時間が一目でわかります。

smileⅣの利用料金

要問合せ

smileⅣの導入実績

smileⅣを導入しているクリニックの導入事例をまとめました。

使い勝手の良い操作性、入力画面、操作中に疑問点が出てきた際の電話対応と直接対応についての印象、保険改正時のアップデート対応といったサポート面で評価の声が上がっているようです。

カスタムで日に日にクリニック仕様に

30年間手書きでカルテを書きつづけていた歯科医院でレセコンを導入することになりました。

とくに治療計画を立てる治療プランの入力は、診療の流れに沿っているのでわかりやすく、快適な使い心地とのことです。

メーカー担当者については「フットワークが軽いイメージ。機器の知識だけでなく保険の知識にも詳しい方です」「困りごとが出るとタイミングを計っているかのように顔を出してくれます」と機能とサポート面で評価が高いことがうかがえます。

同じ地区にあるクリニックの医師にもシステムを紹介しているとのことです。

お互いの顔がわかる距離感に満足

東京板橋区にある歯科クリニックの導入事例です。

レセコンは毎日使うものなので、入力方法がわからない部分があるとそれだけでもストレスにつながるとのこと。ですがsmileⅣを導入してからはプラン入力も質問項目を答えていくだけなのでストレスが軽減されているそうです。

患者さん一人ひとりの治療状況や過去の情報もすぐに確認できる点を評価しています。「カルテを見直す時間が省略できるので、忙しい時に重宝する」とのことです。

「メンテナンスやカスタマイズを細かく行ってくれるから、手間もかからず時間短縮にもつながっている」とありがたがっています。

対応しているOS

Windows 記載なし
Mac 記載なし
android 記載なし
iPad 記載なし

運営会社情報

会社名 株式会社リード Read & Lead Co.,Ltd.
設立年 1984年
住所 〒111-0051東京都台東区蔵前4-16-6 ストーク蔵前M&K 4F