セクレタリー

セクレタリー公式HPキャプチャ
引用元:セクレタリー公式HP(https://www.sasaki-kk.co.jp/medical/product/secretary_plus2/)

このページでは、セクレタリー(セクレタリーPlusⅡ)の特徴や口コミについて紹介しています。

セクレタリーの特徴

多様化する診察データにしっかり対応

セクレタリー(セクレタリーPlusⅡ)は、時代とともに多様化する診察データにしっかり対応して適切な管理をするために役立つ歯科用コンピューターシステムです。従来のセレクタリーは、患者情報の運用・管理について定評がありましたが、新製品であるセクレタリーPlusⅡは、その名のとおり、旧タイプに比べて「Plus」の部分が加わっています。

  • Plusの「P」は、Professional(プロフェッショナル)。さまざまな角度からの経営戦略を可能とした専門的経営分析機能のことを指します。
  • Plusの「L」は、Lead(リード)、つまり案内的な意味合い。患者のニーズに合わせた自費診療や保険診療の見積書をスムーズに発行する機能を指します。
  • Plusの「U」は、Up(アップ)。スピードアップのアップ、です。レセプト電子請求の対応が可能となり、快適性とスピードがぐんと高まっています。
  • Plusの「S」は、Smart(スマート)。かんたんアポイント機能によって、無理や無駄のないスマートでスムーズなアポイント管理が可能となっています。

4つのタイプから選べる

セクレタリー(セクレタリーPlusⅡ)はとても多機能ですが、中には「全ての機能はいらない、必要な機能だけがほしい」と考えるクリニックもあることでしょう。その点、セクレタリーは提供サービスの組み合わせで4つのタイプに分類されているため、無駄なく必要な機能だけを選ぶことが可能となっています。

選べる4つのタイプは、以下のとおりです。

  • STタイプ:すべての機能を搭載したタイプ。セクレタリーをとことんフルに活用したいならこれがおすすめ。
  • VAタイプ:EASY機能と電子カルテの機能を搭載したタイプ。
  • LTタイプ:入力サポートと窓口会計機能を搭載したタイプ。
  • REタイプ:レセプトと領収書機能を搭載したタイプ。

多彩なソフトにも対応

セクレタリー(セクレタリーPlusⅡ)は多彩なソフトにも対応しており、必要な対応ソフトを加えることで、より利便性を高めることが可能です。朝日レントゲン工業や長田電機工業などをはじめとしたデジタルX線メーカーのソフトや、ジェニシスの「Dent Net」やプラネットの「Dental X」をはじめとした各種アプリケーションソフトなどが、対応可能ソフトとして挙げられます。(各種ソフトの料金は別途要)

セクレタリーの口コミ・評判

セクレタリーの口コミ・評判は見つかりませんでした。

セクレタリーに備わっている機能

受付業務に役立つ機能

  • アポイント機能・受付管理システム
  • 患者登録・治療入力
  • 会計・見積書発行機能

治療に役立つ機能

  • 口腔内画面・Br判定機能
  • 診療に必要な文書提供機能
  • 薬剤情報提供機能

経営に役立つ機能

経営分析機能

オプション機能

  • 介護請求機能
  • 保険証読み込み専用スキャナ

セクレタリーの利用料金

初期費用 担当者に要問い合わせ
親機一式 担当者に要問い合わせ
子機一式 担当者に要問い合わせ
導入時諸経費 担当者に要問い合わせ
月額(保守費用) 担当者に要問い合わせ

セクレタリーの導入実績

導入実績数などは公式サイトで公開されていません。

対応しているOS

対応OSは公式サイトで公開されていません。

運営会社情報

会社名 ササキ株式会社
設立年 1960年(創業は1918年)
住所 愛知県豊橋市八町通5丁目7番地