iQalte(アイカルテ)

iQalte(アイカルテ)は従来のレセコンと呼ばれるソフトとは全く異なり、iPadをメインに使うことでシンプルで早く、直感的に美しいカルテを作成することが可能です。

iQalte(アイカルテ)の特徴

デザインが美しくスタイリッシュなので直感で操作できる

iQalte(アイカルテ)が他のレセコンと大きく異なる点として、メニューバーや操作ボタンが少なくシンプルな作りになっている点があげられます。

よって、初めて操作をする方でもマニュアルがいらず直感で操作いただくことができます。

1号用紙と2号用紙が基本画面。入力も表示もカルテそのものです。また紙媒体のカルテよりも文字が見やすくなっております。

手書きカルテと同じプロセスで情報を入力でき、かつ台数追加も簡単

通常の手書きカルテは部位や傷病名を記入、その後に処置内容を入力しますが、iQalte(アイカルテ)はその手書きのプロセスをそのまま採用。

また診療開始からサーバーに繋ぐことなくiPadのみでカルテ作成しているため、領収書や処方箋の発行やレセプトレビューなどができます。使用台数を増やす必要がある場合は新しいiPadを用意してアプリをインストールするだけ。難しい設定や費用はかかりません。

リース切れがない上に徹底した低価格を実現

従来のレセコンはライセンスの更新があるため、更新がないiQalte(アイカルテ)と比べると30年運用した場合で、1200万円(約70パーセント)もの差がでてしまいます。逆にiQalte(アイカルテ)に切り替えるだけで大きくコストカットすることが可能です。

よって長期使用に適したもっとも効率的なシステムと言えます。

iQalte(アイカルテ)の使い方

スタイリッシュかつシンプルで、感覚的に操作が可能なiQalte(アイカルテ)の具体的な使い方を紹介していきたいと思います。

患者の登録

患者のデータはすべてDental Hubに登録され、そのデータはiPadにて入力・編集や閲覧が簡単に可能であるため、院内のどこにいても一人一人の患者と対話しながら一緒に次回の予約をすることができます。

カルテ入力

紙媒体のカルテを意識し、無駄なボタンなどを極力省いたデザインのため、見た目が非常にシンプル。

iPad操作のためマニュアルを読む必要はなく、初めてでも直感で指先の操作にて楽々と使用できます。

部位入力

患者さんのあらゆるデータが一元管理されているDental Hubには、部位情報も含まれており、追加や修正が必要になった場合は入力欄をタップすることで簡単に変更ができます。

備考入力

iPadから必要項目をタップして文字を入力するだけで、手間暇かけずに備考入力が可能です。

カルテ印刷

iPadと院内の無線LANルータがWi-Fi接続されていれば、iPad上のカルテをそのまま出力することができます。

以前は一度用紙で出力したものに手で書き足していましたが、Apple Pencilを使うことでiPad上に手書きのカルテを作成しそのまま印刷できるようになりました。

iQalte(アイカルテ)に備わっている機能

  • Dental Hubとの連携
    あらゆる患者のデータ管理がされており、予約や診察内容、メモなどの確認・入力などDental Hub内に登録されたあらゆる検査データなどを患者と担当者毎に確認することで受付から診察まで円滑にストレスなく行うことができます。
  • ペンシル機能
    Apple Pencilを使うことで紙に手で書くかのような書き心地を演出。iQalte上には歯のイラストが備わっているため、ペンシルの先で必要な歯の絵をドラッグアンドドロップすることで、治療箇所などをそのまま書き込むことができます。
  • オンライン請求
    iQalteが稼働を始めて2ヶ月目の5日〜10日にオンライン請求用のPCから、オンライン請求を行うことができます。ただし、地方公費をオンライン請求で受付していない地域の場合や、返戻になったレセプトを紙で再請求する場合は用紙での請求となります。
  • 算定内容の選択
    処置の入力を進めていくことで、算定可能な処置リストが表示されます。これにより、算定の項目や点数、カルテに記載する内容などを選ぶことができます。

運営会社情報

会社名 株式会社プラネット
設立年 1995年
住所 〒507-0041 岐阜県多治見市太平町6-63-1