TOP歯科用レセコン比較 » 【特集】今注目のクラウド型レセコンとは

【特集】歯科医が注目!クラウド型レセコンとは

多くの歯科医院から注目されている「クラウド型レセコン」。従来のサーバー型レセコンと違って院内にサーバーを設置せず、インターネット上のクラウドにデータを保管する仕組みのため、大掛かりな導入準備の必要がないうえ、導入費用を大幅に削減できると高い評価を受けています。

歯科医院の開業に際してレセコンを探している方、現在使用しているレセコンからの乗り換えを考えている方で、導入費用や月額費用を抑えたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

おすすめのクラウド型レセコン紹介

豊富な機能と万全のセキュリティ対策を兼ね備えたおすすめのクラウド型レセコンを厳選して3つ紹介します。ぜひ検討してみてください。

ジュレア

ジュレア公式HPキャプチャ
引用元:ジュレア公式HP(http://www.julea.jp/)

月額料金 実質13,200円

公式HPで資料請求

電話で問い合わせる
(鹿児島本社)
099-297-5106
※関東以外の方はこちらから

電話で問い合わせる
東京
03-6277-1860
※関東の方はこちらから

コストパフォーマンスに優れたジュレア。月額料金は18,000円なのですが、24時間ネット予約を受け付けられるシステムで、全国で1,000台以上導入されている「デンタマッププラス」(月額4,800円)が標準装備されているため、実質13,200円の低価格で利用可能です。

また、ネット環境につながってさえいれば、いつでもどこでもアクセス可能。一部のタブレットにも対応しているので、訪問診療の際などにも、荷物がかさばることなく移動できるのも嬉しいところ。クラウド上にすべてのデータが保存されるため、常に最新の情報にアクセスできます。情報はセキュリティに優れたデータセンターで厳重に管理されているので、安心して利用することができます。

ジュレアを使用する歯科医の口コミ

  • 導入費用はもちろん、トータルコストで見てもお得でした。開業時の初期費用が抑えられるのはとても助かりますね。情報を入力しやすく、操作にもすぐ慣れました。非の打ち所がなく、大満足しています。
  • ほかのレセコンと比べるとコスパが圧倒的に優れています。院外からでもアクセスできるのが予想以上に便利ですね。付属の予約システムから毎月10人ほど新規を獲得できており、大満足しています。

アットレセ

アットレセ公式HPキャプチャ
引用元:アットレセ公式HP(http://www.ventside.com/)

月額料金 13,800円

公式HPで資料請求

電話で問い合わせる
0120-689-400

導入費用やサポート費用などの別途料金が一切かからず、月額料金13,800円のみで利用できます。セキュリティ対策もしっかり施されており、ログインは2種類のIDとパスワードの入力方式。直観的に操作できるデザインを採用しており、操作性にも問題ありません。WindowsとMac両方に対応しているため、どちらかしか持っていないという方でも安心して導入することができます。

またリース契約ではないため、「気に入らない」「ほかのレセコンに乗り換えたい」といった場合でも、すぐに解約することができるのも特徴です。

アットレセを使用する歯科医の口コミ

  • レセコンを導入する際、一番の問題が費用についてでした。リース契約でも中々手が出せない価格ばかり。困っていた時に見つけたのがアットレセです。おかげで低コストでレセコンを導入できました。
  • ほとんどレセコンを触ったことがない初心者の私でも、問題なく操作できました。最近別のレセコンを使用する機会があったのですが、操作しにくいことこの上ない…。アットレセの良さを改めて実感しました。

レセック3

レセック公式HPキャプチャ
引用元:レセック公式HP(http://www.recec-asp.jp/)

月額料金 29,500円

公式HPで資料請求

電話で問い合わせる
0120-252-079

クラウド型とよく似たASP型のシステムの「レセック3」。ASP型とはパソコンにソフトウェアをインストールするのではなく、ネットを経由してソフトを利用する方式のこと。

医療情報はすべてデータセンターに保管され、適切に管理されるので、万が一パソコンが故障した、盗難にあった場合でも、医療情報の流出を防ぐことができます。診療報酬改定時には、センター側が作業を行ってくれるため、自ら設定を変更する必要がありません。

ただし、日本歯科医師会の会員のみが利用できるので、利用する際は日本歯科医師会に登録が必要です。

レセック3を使用する歯科医の口コミ

  • 知人からの紹介でレセックを知りました。導入の決め手はシンプルで見やすいデザインと低コスト利用できることです。レセコンにかけていた費用が以前の5分の1程度になりました。
  • サポートシステムの対応が素晴らしいです。導入当初は分からないことも多く、サポートスタッフには大変お世話になりました。リモートコントロールによるサポートも非常に便利だと思います。

サーバー型レセコンとクラウド型レセコンの違い

サーバー型レセコンのメリットには「情報流失のリスクが低い」「ネットワーク回線のトラブルに影響されない」が挙げられます。デメリットは「高額な導入費用がかかる」「サーバー管理やバックアップ作業などの負担」「故障や災害による情報消失の可能性」などです。

クラウド型レセコンのメリットは「導入費用が安い」「大掛かりな導入準備が不要」「故障や災害による情報消失のリスクがない」「訪問診療時といった院外でも使用可能」などが挙げられます。ただし「情報流出の可能性がある」といったデメリットがあるため、セキュリティ対策に優れたレセコンを選ぶことが重要です。

サーバー型とクラウド型の違いを詳しく見る>>

クラウド型レセコンの導入方法と費用まとめ

大掛かりな導入準備と多額の導入費用がかかるサーバー型レセコンに比べて、クラウド型レセコンは手軽に導入することができます。インターネットから簡単に申し込みが可能で、ネットにつながるパソコンさえあれば、設備の購入費用は一切かかりません。

導入費用は10万円以下に抑えられるものが多く、なかには2万円以下で導入できるレセコンも。クラウド型レセコンのより詳しい導入方法や費用、また導入時の便利なサポートシステムや無料体験についてまとめました。

クラウド型レセコンの導入方法や費用を詳しく見る>>

クラウド型レセコンのセキュリティは大丈夫?

情報流出のリスクが懸念されるクラウドサービス。個人情報の保護が重要視されるようになった現在、クラウド型レセコンのセキュリティ面は問題ないのでしょうか?

多数の歯科医院から患者情報が集まるため、クラウド型レセコンはセキュリティ対策が非常に強化されています。万が一情報が流出してしまった場合は、情報セキュリティの専門家たちが侵入者や流出した情報をただちに特定。迅速な対応を取ることが可能です。より詳しいセキュリティ対策やサーバー型との比較、レセコンを選ぶ際に注目するべき「必須のセキュリティ対策」について解説します。

クラウド型レセコンのセキュリティを詳しく見る>>

クラウド型レセコンを導入した歯科医の声

クラウド型のレセコンを導入した歯科医の声をまとめました。初期費用を抑えることができる、場所を気にせずどこでも使用できるので便利との声が多いのが印象的です。

「クラウド型レセコンは開院時の初期費用を抑えられるのが1番の魅力です。従来のレセコンは業者指定の機器が必要で、導入費だけでもユニット並み。それに加えて月額料金や診療報酬改定時の追加料金など、ぼったくりに近いものを感じます」

「導入費だけでなくトータルコストでもクラウド型のほうが安く、コスト面への不満は1つもありません。勤務医の頃に使用していたレセコンよりも使いやすいうえ、自宅や訪問診療時でも利用できるので大変満足しています」

クラウド型レセコンを導入した歯科医たちの声をもっと見る>>